奈良きもの芸術専門学校ブログ

2019年05月

2019.05.21

1年生が浴衣を製作しています

 入学から1か月少し経ち、1年生達が初めての浴衣製作に挑戦しています。

完成した浴衣は、7月の学校行事、七夕納涼祭で着用します。
(後日こちらのブログにも掲載します、お楽しみに!)

和裁の授業では、これまでにはお襦袢などを製作してきました。
そして、和裁特別専門学科の場合、浴衣は夏休みまでに女物2枚、男物2枚ずつ製作します。

まずは自分の物から、そして良さや実際に着た感覚も感じながら、
少しずつお客様の物も手掛けられるプロの技術を身に付けます(^^

2019.05.08

和文化の授業が始まりました

令和最初のブログです(^^)/

昨日から授業も再開し、今日からは本校の大きな特徴でもある和文化の授業が始まりました。

◆茶道。裏千家教授の先生から、お茶の点て(たて)方と頂き方を学びます。 

◆毎週季節のお菓子を頂けるのですが…撮り忘れました、ごめんなさい

◆御園棚(みそのだな)を使って立礼(りゅうれい)式の手前も勉強。

◆こちらは華道。池坊正教授の先生から活け方を学びます。

◆昨年から設置された撮影スペース。年末には花展にも出展しています(昨年は入賞者も!)

◆本日のお花と授業テーマ

◆この高さもひとつの個性。ですが撮りにくそう…

これら茶道、華道のほか、着付け、マナー、コンピューターが本日からスタート。
毎週専門の先生から授業を受けることで、週1の楽しみにもなり、
資格や免状を取得することもできます。
※華道は月2回の授業です。

休み明け、なかなか体のスイッチも入りにくいかも知れませんが、
和の世界を楽しみながら少しずつ慣れていきましょう!

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ