奈良きもの芸術専門学校ブログ

2019.03.26

平成30年度卒業式を挙行しました

昨日、平成30年度卒業式を奈良ロイヤルホテルにて挙行しました。

 

◆学校のディスプレイでは後輩が先輩に向けて作成していました!

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとう!!!

奈良きもの芸術専門学校で培った技術、知識、人脈を活かして、
これからも大きく羽ばたいてくれることを願っています。

2019.02.16

平成30年度針供養を徳融寺にて行いました

平成30年度針供養を徳融寺にて行いました。

和裁に欠かせない針は、消耗品です。
曲がる・折れるなど、使うことができなくなった針を、豆腐など軟らかい物に刺して供養する行事が針供養です。
今までの感謝と、これからもよろしくお願いします、という祈りを込め、
本校では毎年お寺様にて供養して頂いています。

「物にも魂が宿る」という、日本ならではの考え方が生み出した行事です。
1年に1度、こうして感謝の機会を設けることで、
普段何気なく過ごしている実習や日常にも、いろいろな「おかげさま」が詰まっていることを再認識します。

法話も聞かせて頂きました。
針供養に近い物として人形供養などのお話も…

ここからは終了後の写真です。

針が曲がっていることが分かりますでしょうか?
最後は軟らかい物に刺してあげたくなる気持ちも自然と生まれますね。
お疲れさまでした。

終了後には、徳融寺様が暖かいお茶とお菓子を用意してくださっていました!
冷える日でしたので本当にありがたかったです。
学生も喜んでいました。徳融寺様、ありがとうございました!
感謝の気持ちを大切に、技術を磨いていきましょう!

2019.02.08

第21回学校華道インターネット花展にて、学生が入選しました

一般財団法人 池坊華道会主催 第21回学校華道インターネット花展にて、
華道の授業で製作した本校学生の作品が、専門学校の部入選(全国1名)に選ばれました!
奈良県の学生が入選したのは10年ぶりとのことです!

受賞作品一覧・作品コメントは下記の池坊ホームページをご覧ください。
https://www.ikenobo.jp/info/24476/#prize4

受賞した学生のコメント
「自分の作品が入選に選ばれたことに、とても驚いています!フラワーアレンジメントは高校で数回習ったことがありましたが、華道は入学して初めて授業を受けました。同じお花でも内容は違ったので、まさか自分が選ばれるとは…という気分です。招待して頂いた7月の研修も参加したいと思っています!」

本校では池坊正教授の先生をお招きし、華道の授業を月に2回受けています。
4年ほど前からはインターネット花展にも作品を応募しており、
ノミネート賞に選ばれることは過去にもありましたが、入選は今回が初でした。
入選した学生は夏に行われる池坊家元での研修に招待されています。
なお、今年は入選に選ばれた学生も含め、4名がノミネート賞に選ばれました。

みんな、おめでとう!

2019.01.19

春の全国説明会を開催します

遠方のため来校しにくい人のために、春に全国4都市で説明会を開催します!

学校の紹介はもちろん、一足先に次年度入試内容や変更点もご案内予定。

夏以降の受験に向けて、面接対策講座も実施します。
面接官を担当することもある入学アドバイザー達が、
「面接官はどこを見ているのか」「よくある質問例と良い答え方」など、
本校受験に限らず、広く有効活用できる内容を直接ご紹介します。

各会場、開催10日前までの予約制です。
「興味があるけれど、いきなり奈良に行くのは大変…」という方や、
「学校や入試の最新情報が知りたい!」という方はご予約の上、ぜひお近くの会場へご参加ください。

東京  3/28(木)  アットビジネスセンター東京 (JR東京駅 徒歩6分)
名古屋 3/29(金) 安保ホール (JR名古屋駅 徒歩3分)
岡山  3/29(金) 岡山シティホテル桑田町 (JR岡山駅 徒歩8分)
福岡  3/28(木) 八重洲博多ビル (JR博多駅 徒歩5分)

《プログラム》●学校・学科説明 ●授業内容紹介 ●卒業生の進路状況 ●次年度入試説明 ●面接対策講座 ●相談コーナー
※各会場開催10日前までの予約制です。会場ごとに定員がありますので、早めのご予約をお勧めいたします。
※開催時間は全て13:00~15:00です。
※夏にも全国20会場で説明会を予定しています(内容は一部変わります)

⇒ご予約はこちらから

奈良では体験入学を毎月開催中です!

2018.11.30

学校のお茶会を開催しました

奈良市内のお茶室をお借りし、学校のお茶会を開催しました。
先日の正倉院展のお茶席では、学生はもてなす側でしたが、
この日は全員お客様側も経験。

茶道は毎週授業を学校のお茶室で受けています。
流派は裏千家。
一部の学生は高校の部活動などでも習っていたようです。

このお茶会では待合からお客様をお招きするところから始まり、
つくばい(手を清めます)の使い方、お茶室への入り方、退室の仕方など、
より一層本格的な「お茶」を習います。
と言っても、例年通り終始和やかなムードで和の世界を楽しむ一日でした。

こういった行事で着ることを目標に、新たなきものを縫う学生も多いです。
普段とは違う、いい刺激にもなっているようです。

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ