奈良きもの芸術専門学校ブログ

2012年02月

2012.02.27

奈良便り H24.2.27

2月も残すところ数日となり、梅も見頃との便りも聞かれ始めました 週末から少し寒さが戻り、今日は奈良では珍しく雪がちらつく天気となりましたが、 それでも春の兆しは随所に見受けられます。 さて、先日はバレンタインをテーマに彩られていた表のディスプレイですが、 今はどうなっているかと見てみますと… IMG_9906.jpg IMG_9904.jpg IMG_9905.jpg 今週末の桃の節句(ひな祭)ですね 雛人形をご自宅に飾られている方も多いのではないでしょうか? 担当したのは和裁テクニカル学科の2年生。 ふと足を止められる方が多いのもうなずけます 桃の節句は女の子の厄除けと健やかに育つようにという健康祈願のお祝いです。 立場は違うかもしれませんが、学生が健やかに育つように、というのは本校職員一同の願いでもあります。

2012.02.13

針供養、お茶会 ~喜光寺にて~

先週の水曜日に、喜光寺様にて針供養という行事を行いました 和裁の授業で幾度となく使用する針ですが、どうしても使っているうちに折れてしまいます。 本校ではその折れた針を捨てずに置いておき、2月にあるこの『針供養』にて、「今までありがとうございました」という感謝の気持ちを込めて、こんにゃくやわらび餅といった柔らかいものに刺し、供養します。 IMG_9856.jpg 今回は、なんとその数、約5000本 もちろん全ては刺せないので、一部を実際に刺し、残りは供養していただく形にはなるのですが… 普段の頑張りがこの数字からもわかりますね また、こちら喜光寺様では昨年11月にも本校のお茶会を設けさせていただきました。 IMG_9320.jpg 茶道の授業で習ったお点前を披露する絶好の場です 本校ではこういった行事を通して、和の心に触れるということを大切にしています。 では、最後に… 本校は奈良公園へも徒歩で行ける場所ですので、表の通りも多くの観光客の方が通られます。 通りに面しているディスプレイでは学生の作品を展示していますが、そのレイアウトは学生が交代で考えています。 見せ方を考えることも大事な勉強ということです 今回は和裁特別専門学科の一年生が担当しました。 ディスプレイ、バレンタインバージョンです IMG_9859.jpg

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ