奈良きもの芸術専門学校ブログ

2014.02.06

【針供養】徳融寺にて針供養を行いました

徳融寺様にて、「針供養」という行事を行いました。 ◇針供養…折れるなど、使うことができなくなった針をこんにゃくに刺して供養を行い、裁縫の上達を祈る行事 IMG_4160.jpg IMG_4150.jpg IMG_4156.jpg 手縫い針は和裁を行う上で、欠かすことのできない道具です。 そして、どれだけ技術が上達しようとも、針は折れていく消耗品なのです。 「今までありがとうございました」という感謝と、 「これからもよろしくお願いします」という祈りを、 一年に一度この「針供養」にてささげることで、 和裁を学ぶ人間は気持ちを新たにしていきます。 普段「あたりまえ」と思っているひとつひとつに、感謝の気持ちを忘れない。 本校ができた85年前から続く行事です。 IMG_4195.jpg 行事の後には、當麻曼荼羅(たいままんだら)のご説明も頂戴しました。 追記:ディスプレイも針供養の紹介に代わりました IMG_4229.jpg ◆奈良きもの芸術専門学校HP ◆資料請求・体験見学会・説明会申込み ※Twitter始めました!@narakimonoart

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ